ゴルゴーン運用例 ゴルゴーンが高難易度向きだと言える理由

パーティ構成が肝 攻守のバランスを取りやすいサーヴァント

筆者が最も高難易度クエストで頼るサーヴァントを紹介したいと思います。

 

それがゴルゴーン

 

私のカルデアには900万ダウンロードキャンペーンでお迎えし、

ついには宝具5になってしまったサーヴァントです。

今では不動のエースとして活躍しております。

 

では性能からご紹介していきましょう。

f:id:aruzon:20180128140837p:plain

クラス アヴェンジャー

攻撃的なステータスな分耐久性は低め、クラスの関係上殆どの受ける攻撃が等倍というのが欠点。逆に言えばこちらの攻撃も殆どが等倍。ここをどう考えるかがゴルゴーンを含めたエクストラクラスの運用法を決するポイントになるでしょう。

 

f:id:aruzon:20180128140846p:plain

スキルは攻撃、耐久、妨害と一通り揃っています。

ライダークラスの時の面影がありますが、より怪物化している分効果もより強力になっています。

怪力は純粋に攻撃力を上げるスキルで使いやすいので優先的に育てておきたいですね。

変転の魔はガッツをメインにするかクリティカルアップをメインにするかで考え方が変わってきます。筆者は事故防止のガッツとして使うことが多いですが、クリティカルアタッカーとして運用する場合は優先的に上げるべきでしょう。

最後に魔眼ですが、これも賛否が分かれるスキル。対魔力持ちが相手だとどうしても弾かれますが、逆に言えばそれ以外の相手であればかなり刺さります。「確率」系のスキルは好き嫌いが分かれますが、かなり有用な部類なスキルだと言えます

 

f:id:aruzon:20180128140852p:plain

クラススキルはアヴェンジャーらしいラインナップ。NPが貯めやすく、クリティカル威力も上昇するのでかなり攻撃型のサーヴァントであるとわかると思います。

 

f:id:aruzon:20180212131730p:plain

次にコマンドカード。セイバー型の構成でAが2枚あるのが良いですね。

クラススキルと相まってNPはかなり貯めやすい感じると思います。

 

f:id:aruzon:20180128140901p:plain

最後に宝具です。

私はこの宝具にこそゴルゴーンの最大の強みがあると考えます。

バスター全体宝具、というだけであればその他のサーヴァントと変わりありません。

呪い付与はありますが、それを踏まえても火力は低い部類です(宝具5でもバフがないと種火を落とし損ねるレベル)。バスター宝具なのでマーリンの英雄作成で強化できるので火力を上げやすいのは救いと言えます。

ではなぜこの宝具が強みなのかというと、パーティ全体へ「NP10%」付与効果です。

「は?それが強み?」と思うかもしれません。今ではNP供給ができるサーヴァントは増え、BBやパールヴァティなどの強力なサーヴァントがいます。しかしあえて強いというのは「高難易度で非常に効果を発揮するから」です。

バスターの全体宝具を使うとなると、どうしても他の2人のNP供給が滞ってしまいます(BBがアーツパで強いと言われるのはこれが大きな理由)。しかし10%であっても自分を含めた味方に振り分けられるのは大きなアドバンテージになります。少ない量に感じるかもしれませんが、高難易度クエストであれば小さな積み重ねも大きな効果をもたらします。

長くなりましたが、是非実践で体感して頂きたいポイントです。

 

オススメの概念礼装は「ゴールデン相撲」ですね。

アヴェンジャークラスなので中途半端にスター関連を付けるよりはNP補助と火力強化をした方がわかりやすいです。もちろん「熱砂の語らい」や「封印指定執行者」などのスター集中系も強いですが、パーティ構成はかなりの工夫が必要です(ライダーやアーチャーとは噛み合いません)

 

ではパーティですがこちら

f:id:aruzon:20180212121526p:plain

高難易度と何度も言っているのでこの構成です。なーんにも捻りなんてありません。

当たり前過ぎて色々言われそうですが、素直に強いパーティを組めば良いのです。実際、とにかく相性が良いです。

マシュは全プレイヤー共通で持っていますし、マーリンは借りれば良い。筆者も長らくフレンドさんに借りて高難易度には挑んでいました。

 

f:id:aruzon:20180212121428p:plain

f:id:aruzon:20180212121432p:plain

復刻水着イベントでの高難易度クエストでの1枚です。

攻撃力の非常に高い巨大魔猪とのボスラッシュクエストでしたが、かなり安定してクリアできました。

見ての通り、ゴルゴーンのレベルは70。最終再臨になればマーリンを借りてくるだけで高難易度は難なくクリアできる能力を持っています。

 

ゴルゴーンの良さは宝具にあると書きましたが、ダメージコントロールをしやすいのもその1つに入ります。マーリンのスキルや自身のスキル1を使うことによって簡単に威力を上げられる一方、何もバフをかけなければ低火力です。そこを逆手に取ることで、「取り巻きを生かしつつ、ボスには大ダメージを与える」という戦法が可能になるのです。

特に上記の巨大魔猪相手には絶大な効果を発揮します。巨大魔猪は「激憤」のスキルにより攻撃力とチャージをアップしてきます。単騎だとあっと言う間にチャージが貯まり、壊滅的な被害を受けると言う事故に近いパターンもあり得ます。しかし取り巻きを生かして置くことでリスクを最小限にし守りの体制を作りやすくするメリットがあるのです。宝具が全体なので、相手のHPを調整して一掃することも当然可能です。

 

通常クエストで使う場合はアンデルセンや新宿のアサシンなど、スターコントロールを得意とするサーヴァントと組み合わせることでメインアタッカーとして活躍できます。

殆どに敵に対して等倍を取れるので、クラス混成クエストではとりあえずいれておく、という運用もしやすいでしょう。

 

長々と書きましたが、こればっかりは体感して頂かないと腑に落ちない点があると思います。しかし育成して損はないサーヴァントであることは間違い無いです。

是非育てて使ってみてください。