段蔵ちゃんの運用例 ユニークなサポートアタッカー

変幻自在の絡繰娘・段蔵ちゃん

剣豪が実装されて結構経ちましたね。

もうクリアされた方もかなり増えたと思います。

今回はその剣豪で新規実装され、ストーリーでも大活躍だったサーヴァント「加藤段蔵」について書いていきます。

運用してみての感想といいますか、これからまだまだいろんな戦い方が見えてきそうなユニークな性能をもつサーヴァントです。

 

 

まずは性能をざっくりと

f:id:aruzon:20171109111507p:plain

f:id:aruzon:20171109111515p:plain

f:id:aruzon:20171109111522p:plain

f:id:aruzon:20171109111528p:plain

可愛い.....

っと見惚れていないで説明説明、っと(笑)

ステータスはHP型ですね。スキルの性能と相まって耐久性は重要となります。

そのスキルですが、コマンドカードアップと任意サーヴァントに回避と無敵を付与できるというかなり特徴的なもの。全てユニークスキルとなっています。

宝具はバスター全体宝具で、範囲は狭いですが「魔性特攻」付きです。

コマンドカードの構成はCCABBのランサー型、意外と攻撃的な構成となっています。

クラススキルの「気配遮断」はAクラスとなっており、スターの供給量もそれなりにあります。

 

上記のことから、基本的な運用は「スター供給を主とし、各チェインなどに合わせてコマンドカードを差し込んでいく」サブアタッカーの役回りとなります。スキルに攻撃を無力化させるものが2つもありますが、あくまで補助。逆に使いどころを非常に選ぶのでスキル「ありき」で戦うのは非常に危険です。堅実にメインアタッカーと、アンデルセンなどのサポートサーヴァントとセットで運用しましょう。

 

こちらはパーティ例です。

 

f:id:aruzon:20171109111459p:plain

豪華な星4星5の構成ですね(笑)ですが現実的な構成はこうなります。

水着ニトクリスをメインとし、補助役に刑部姫を置いています。

段蔵ちゃんの礼装にはスター発生率アップの「優雅たれ」をチョイス。

その他は「ガンド」や「イマジナリアラウンド」などのクイックアップ系やベタに「2030年の欠片」が良いですね。逆にNP補助系は宝具威力が非常に低いのであまりオススメできませんが、「魔性」付きエネミーが出ると事前にわかる場合は選択の余地があります。

戦い方としてはサブの役回りです。アサシンメインのパーティは、いかに効率よくスターを作れるかが鍵となるので腕の見せ所ですよ!

 

 

基本は上記の通りですが、段蔵ちゃんのユニークスキルをフル活用したパーティも考えてみました。それがこちら。

f:id:aruzon:20171109111533p:plain

「???」

となっている方もいらっしゃるかもしれません(笑)

要はひたすらデオンがターゲット集中し続けるためのパーティとなっています。

段蔵ちゃんの役割はデオンのHPや敵の攻撃に応じて回避や無敵を配るお仕事。

風魔小太郎でも似たようなことは可能ですが、攻撃無効スキルを2つも所持している段蔵だからこそより効果が大きくなる構成です。

想定される最も強力な敵は「ネロ祭」で登場したヘラクレスですね。強力な素殴りや宝具も全てデオンが引き受け、ポイントポイントで回避無敵で無力化する。

ハマれば非常に強力な戦法です。

 

 

以下は地下工場で試験的に使ってみたものです。

f:id:aruzon:20171109111605p:plain

追加エネミーも入れていたので長いターンになっていますが、玉藻の前の宝具も相まって非常に小さな被害で収まっています。

ここまでダメージを抑えられれば、ある程度難易度の高いクエストも攻略できるでしょう。

 

パーティは異なりますが、火力についても実験してみました。

f:id:aruzon:20171109111611p:plain

f:id:aruzon:20171109111616p:plain

上はマーリンと自前のバフをつけての宝具火力。低いです、かなり。

ですがクリティカルアタックはさすがですね。うまく星を工面しながらクリティカルをぶつけるのが基本のダメージソースとなるでしょう。

 

以上が加藤段蔵ちゃんの運用例です。

火力が低い分編成には頭を使いますが、今後もっと面白い構成が組めるのでは?と思っています。

ユニークスキルが強力なのでそれだけでもパーティに入れる価値はあります。

オーダーチェンジからのスキルで回避無敵は手軽且つ強力ですから。

運よく引けた方は是非使ってみて下さい\\\\٩( 'ω' )و ////

 

(あ、あと小太郎くんの幕間も是非やって下さいね!)