「ターゲット集中」スキルの有効活用(デオン+αの勧め)

「硬い守り」の代表格

私の推しはデオンくんちゃんです♪( ´θ`)ノ

f:id:aruzon:20171029150201p:plain

彼彼女は私にとって最初の星4サーヴァント。

最初は正直使い方がわからず、数日後に引いたセイバーオルタを代わりに使ってました。しかしまぁ、セイバーは星4以下だと極端に少ないのでサブ要員としてパーティにはいつも入っていました。

そんなどちらかというと「空気」な感じだったデオンですが、大きな転機が訪れます。

 

それは私が人理修復直後に行われていたイベント「CCCスペシャルイベント 深海電脳楽土SE.RA.PH」です。

CCCイベにどうしても参加したかった私。急いでメインシナリオをクリアしたが為に、ノッブ(Lv70)とマシュ(Lv66)以外はLv60以下という戦力で、推奨Lv80のクエストに大苦戦していました。正直毎回石を割るレベルでの苦戦具合でした。

どうにかこの状況を打開したい、、けど誰を育成したりパーティに入れればいいかわからない。

迷いに迷った挙句にスタメン起用したのがまさにデオンでした。

第三再臨にしたてでレベルは60。しかしこの起用が戦況を大きく変えました。

低レベルを補う為スタメン起用していたマシュを4番手とし、デオンが落ちると同時に登場するように調整。うまく3wave目に出るように戦っているとこの戦術がうまくハマり、時間はかかるものの確実にクエストを攻略することができたのです!

そしていろんな推しがいる中聖杯転輪を経てLv100でスキルオール10。

最強のシュヴァリエ(守護騎士)として今でも「困ったときはデオン!」という具合に活躍しております(`・ω・´)

 

 

長々とデオンとの出会いを書かせて頂きましたが前置きはこれまで()

ざっくりとターゲット集中の活用法を書いていきます( ^ω^ )

色々活用法はありますけど、代表的なのはこんな感じでしょうか↓

・バーサーカーの盾役

・対ライダー用、サポートの盾役(主に孔明やマーリンの盾)

・単体宝具の回避

・レベリング不足の補助

 

まずは相性不利からの防御について(上2つ)ですが、正直盾役一人では物足りないのでは?と個人的には感じております。スキルマデオンでも3ターン引きつけたら2ターンの「間」が空いてしまいます。なのでオススメはメイン盾+サブ盾を用意することです。

私はよく、デオン+バーサーカー+パッションリップ(or水着ニトクリス)という盾役二人で堅い守りのパーティを組みますね。

アタッカーがクーフーリン・オルタだと回数回避持ちなので一層硬さが増しますし、エルドラドのバーサーカーであればパーティ全体の火力を上げられるので効果が一層増します。また、パッションリップは宝具で全体回復があるので受けたダメージを軽減できますし、水着ニトクリスはNP獲得量アップ効果のスキルがあるので宝具回転がよくなるという、なんともいいことずくめな組み合わせです!

 

次に単体宝具からの回避での使用についてです。

これはスポット使用と複数回使用とでパーティの組み方が変わってきます。

まずスポット使用について。ぶっちゃけターゲット集中スキル持ちなら誰でもいいです、どうせ落ちますしね(笑)レオニダスや弁慶、ゲオルギウスあたりがコスト的にも最適でしょう。おそらくこの使われ方も結構多いですよね。

次に複数回使用について。こちらは高難度向けになります。

高難度となると私はアーツ2枚持ちのデオンが最適と思います。組み合わせとしてはデオン・玉藻の前(マーリンorマシュ)・アーツ2枚以上持ちのアタッカーが硬いかと。理由は高難度となると素殴りでも被害が大きいこと、そして回復要員or防御バフで被害を最小限にできるサポートが複数回回避には必須だということです。

最近の高難度は全体宝具が多いですが、それでもネロ祭の時のヘラクレスなどには絶大な効果を発揮します。ストーリークエストで言うところのクーフーリン・オルタ戦などにももちろん有効です。また一般のクエストでも新加入したサーヴァントの実用実験をやるときに、似た編成ですがデオン+アンデルセンのコンビでクエストに行くことも大いにあります。

要は「石橋を叩いて渡る」くらい硬い編成が組める、というわけです。

 

最後にレベリング不足の補助は冒頭の通りです。3wave目まで後方を守り抜く耐久性を持っているのはデオンくらいじゃないかと勝手に思ってますよ(笑)

 

 

以上ですが推しのデオンの紹介がてら私が思うターゲット集中スキルの有効活用について書きました。いろんな戦術がありますから、ここでの紹介は極々一部に過ぎないでしょう。

一度使うとクセになるの戦術なので、思い出した時に是非( ^ω^ )

 

 

 

(FGOの舞台、見たかったなぁ〜)