楽することは良いこと

私が仕事でいつも考えていること。それはいかに「楽にできるか」です。

もちろんですがサボることではありませんよっ!

 

今の私の仕事は倉庫整理。ですから効率的に、効果的にやらないと無駄に体力を消耗することになります。それだけでなく仕事が後手後手になりお客様に迷惑をかけることにもつながります。

みなさんの仕事も締め切りがあり、お客様がいる仕事のはず。であれば素早くニーズに応え、次へ次へと進めていきたいものですよね。

だからこそ「楽に」仕事を進められるかは割と重要。

要は工夫であり仕組み化効率化という話です。

1時間かかっていた仕事が一分で終わったなら?これは大変な効率化になりますよね?

この意識で仕事を見始めると景色がだいぶ変わります。「これは本当に必要な仕事?」と問いたくなったり、一つの業務を点ではなく線で見るようになったり、視野が変わるはずです。

 

私の場合、出荷する商品を地域・顧客ごとに分けて置く際に、数量やサイズを見て後々検品しやすいように配置する。荷下ろしの際、運ぶ商品の重さや強度を体感しながら身体のどの部分にどれくらい力をかければ良いかを研究する。などなど細かいことまで頭で考えながら仕事をします。たかが倉庫整理、されど倉庫整理ですよ。

 

仕事は深めれば深めるほどに楽しさが増すものです。

リズムよく仕事ができるように頑張りたいものです。