仕事を進める上で大事なこと

私は特別手先が器用だったり力がある方ではありません。どちらかというと不器用な方だと思います。ですが仕事に関しては素早く対応できていると自負していますし、それなりに評価を頂くことも少なからずあります。

 

仕事の私なりの考え方で、「できること」より「理解すること」を優先としています。

これは不器用な私だからこその考え方なのかなと思います。

周りにいる人達はどちらかというと「やれ」と言われたことを「やれる」人達だなと感じます。特に考えることなく自然とできるんです。

一方私はすぐにはできません。力の使い方、視点、理屈、これがただ「やれ」と言われただけでは汲むことができないからです。だからこそ、大きい視点では「この会社はどんな仕事があるのか」「どんなフローで一連の部署が動いているのか」はたまた「この仕事はどれくらいの時間でやるのか」「どこにどれくらい力を入れる必要があるのか」など大きいことから小さいことまで細かく理解するように努めるのです。

 

こうしていると最初は箸にも棒にもかからないかからないようなレベルだったのが、突然全ての点と点が繋がり仕事がモリモリ進むようになります。それにここまでくるとある程度ならイレギュラーなことや新たな取り組みが入っても応用がいくらでも効くのです。

私は今まで6業種6職種を経験しましたが、どの会社でも通用するやり方です。自信を持って言えます。

仕事や会社はあくまでも「仕組み」の中で動いています。だからこそその本質を読み解くのが業務における最適解を導く最短コースなのです。

 

 

貴方は会社をどれくらい、仕事をどれくらい理解しているでしょうか?

効率化のヒントは意外と身近にあるかもしれませんよ?