こだわりは本気の証拠

私はどちらかというとこだわりが強く、頭に血が上りやすい性格だと思っていました。

その時まではただのわがままだと思っていましたし、結果的にわがままな行動になってしまいがちでした。

ですが同時に私は熱し易く冷め易い性格でもあるので一つのことに執着しない性格でもあります。面白そうなものがあったらすぐそちらに飛びつくような、新し物好きの性格でもあるなと思います。

今は特にこだわるようなこともないので(笑)冷静になれるのですが、考えてみるとこだわりが強くなる時は本気で打ち込んでいたことだなと振り返ると思います。

「強くやりがいを感じる」「これはプロジェクトにとって重要だ」

そういう思いがこだわりとなり、意固地な行動になっていたのでした。

 

そこで思ったのです、意固地になったと気づいたら「あ、今本気なんだ」とまず認めればいいのだ、と。

本気であるなら手段は一つではない、むしろ様々な可能性の中から最高のものを導き最速で成し遂げることが大事なのだと。「手段、プロセス」から「結果」にフォーカスすることで冷静な考えになれるなと感じました。

 

もちろん一度頭に血がのぼると冷静になることは簡単ではありません。だからこそ「気づく」ことがまずは必要なのだと思います。

気づいたら実践、気づいたら実践、そして自然にできるように何度も繰り返すのです。

そしてより良い習慣、性格として身につけばこっちのもの。

一歩成長できたと言えるでしょう。

 

日々何事も積み重ねだなと感じます。私自身、ブログとしてその日その時感じたことを書き綴っていますが、自分の血肉にするために書いてます。

人間は変化し続けるもの、それが退化ではなく進化となるように積み重ねて行きたいですね。