落ち込んだときはとことん落ち込んでいい

精神的に辛いとき、本当に終わりのない悪夢のような状況が続いたりします。

というかそう感じますよね。

どう物事が動いても良い方向には向かわない。。そんな風に思えてひたすら落ち込んでは「こんな自分はダメだ」と責めてしまう。

 

ネガティブな感情を人は否定しがちですが、でも本人にとっては変えようのない事実。

だからいいんです、落ち込んでも。落ち込んで落ち込んでひたすら落ち込んで。

でもね、そうしていくうちにだんだん疲れてくるんですよ、落ち込むことに。

で、だいたいの人は「やらなきゃいけないこと」に目が行き始めるんです。

そして嫌々でも動き始めたらもう大丈夫。

タスクを終えてみると割合スッキリとした気持ちになってきます。本当に自然に。

 

そしたらもう自然なままでいればいい。変に過去のことを思い出す必要もない。やるべきことをやりたいようにやればいい。自分を傷つける必要なんてないんです。

そしたらあらかた道が見えてくるんです。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

そんなことを思った一日でした。これ、今日私に起こった事実なんです。

朝から気分は最悪でした。でも「とりあえずこれは」と思うことをおもむろに始めたら、それを終えた時には不思議なくらい気分が良かったんです。

「選択と集中」

ポイントはこれだと思います。

いろんなノイズだらけな頭の中を晴れさせる一歩はとりあえず「えいや!」と一つやることを決めて、他には目もくれず無我夢中でやるんです。そしたらまず一つことが解決するのですから。

そうしてノイズの渦中から一歩下がったところに移動できたらあとは自然な自分に戻れるなと思います。

 

落ち込んだら落ち込んだでいい。ちゃんと受け入れよう

「あ、落ち込んでるよ俺」

って。

落ち込んで落ち込んでる時に都合よく「やるべきこと」が目に見えたら掴めばいい。

あとは時の流れに任せよう。