自分で思っているよりずっと無知

無知の知」と言う有名な言葉がありますよね。

物事を広く、深く知れば知るほどにいかに自分の知らないことが多いか自覚します。

逆に狭ーい世界で同じものばかり見ていたらそれが全てになり、自分が無知であるという自覚をしないんですね。

無知は良いこと?悪いこと?

そう言われればあんまり良くないとは思います。何も知らず、そして自分の凝り固まった意見に頑固になってはなかなかうまくいかないものです。

ですが知れば知るほど、知ってしまったことを後悔する場面の少なからず出てくるなと思います。知ったがために身動きが取れなくなったじゃ本末転倒ですしね。

結局のところ行動が大事

僕はよく「知識武装」していると言われていたことがあります。雑にいうと評論家的な、まぁ一番痛いやつですね(笑)今もその気質は抜け切れていないと思いますが。。

どんな知識も知識止まり、活かさなきゃ話になりません。

正直なところ、このブログは私にとって備忘録であり戒めの意味を持っています。

PCに向き合って無心にキーボードを打つ。そして出てくる本音。

今書いていることを私こそ実践すべきなのです。

ですがもし私と同じような境遇にいる方がこのブログを見た時に、何か参考になればとも思っています。

無知でもなんでもいいからスタートする

横道に逸れましたが、何か活かせそうなことを知ったら動く、気になったら動く、知ってても知らなくてもやろうと思ったらやってみる。その精神でいれば少なくとも一般的な「無知」ではなくなるでしょう。

人は行動の中から学ぶものですから、動いていれば必ず学びが生まれます。

逆に暇、行動しない時間が続けば続くほど固い頭の無知にまっしぐらです。

さぁ、明日は祝日明けですよ!気合い入れて頑張りましょう!