笑う門には福来たる?どうせ笑うなら大きな声で!

先ほどまでラジオを聞いていました。

今日の放送はまぁツイッターでもざわざわする程に笑える回でした。

最近は笑う機会が減少気味だった私もついつい爆笑。こんなに声を出して笑ったのは久しぶりじゃないかな?と思うほど笑いました。

笑いの効能

笑いが要因で病気が治った、という症例があるくらい、人間にとって「笑い」とは大事なもの。喜怒哀楽を表現することは人間を人間たらしめるものですが、とりわけ「笑い」はポジティブなものです。タイトルにも書きましたが「笑う門には福来たる」ということわざもある程ですから、日々の暮らしが心からの笑顔に囲まれていたら幸せだと言えると思います。人をストレスから解放し、病気すら凌駕・予防してしまう笑いの効果はとても凄いものですね。

声を出すことの効果

僕個人的には、なんとなく「フフッ」と笑うよりも「ハハハ」と声を出すことを我慢せずに笑った方がストレスから解放されるなと感じています。まさに先ほどの私もそうで、声を出して笑っていたら胸の詰まりがすっと抜けるような感覚がして清々しい気分になりました。

僕のような普段会話が少ない一人暮らし(やボッチ属性満点な)な人は恥ずかしがらず(?)声を出して笑った方がいいんじゃないかな〜と思いますよ!

どうせなら身体いっぱいで表現しよう!

今日はなんとなしに「笑い」の切り口で色々書きました。なんか結論、ちゃんと五感を使って全身で思いを表現することが人間らしさだと思います。笑うなら思い切り笑う、言いたいことは言う、言葉で表現できないなら歌うなり踊るなり絵にするなりなんなり自分らしく表現する!!

日々消耗していると当たり前のことができなくなるものですから、やるときはちょっとオーバーな程にやるくらいがちょうどいいのです!

精一杯自分の個性を燃やして日々を楽しく、人間らしく過ごしましょう!