喜怒哀楽、自分との付き合い方 

貴方の性格ってどんなもの?

私はしばしば「オーバーリアクション」だねと言われます。

もちろん私自身も自覚していますとも!(恥ずかしいことですが.....)

性格も短気でせっかちでマイペース。ダラダラしていると思ったら支度は5分で完了させるような超極端な性格です(笑)我ながらそりゃあ彼女いないのも仕方ないよネ!と思ってしまいます。

極端な性格をしている分、感情の起伏もなかなかのもの。面白ければ思い切り笑いますし、嬉しいサプライズには全力で喜びます。

ですが負の感情になると溜め込む上に、根本的に解決しないと腹の中で増幅していくめんどくささ。悲しさは怒りに変わり、果ては恨みに変わっていきます。

誰しもそんな側面は少々あると思いますが、私は長年に渡って思い悩みの種でした。

 

理解と実践

ただ、私が自分の性格をちゃんと理解しようと思ったのは最近のこと。19歳で就職して早々に鬱っぽくなり仕事を辞めたのですが、その頃も自分を理解しようとはなかなか思えませんでした。

とはいえもう20代も後半に差し掛かったのですから、そろそろ自分の感情としっかり向き合わないなと思う訳です。ですがそう簡単に自分を変えられるものでもありません。なぜなら今の年齢の数の年月を経て創られたものなのですから、一朝一夕では変わるはずありません。

 

ですが日々の積み重ねは非常に重要。私のように感情の起伏の激しい人間は特にそうだと思います。

まず自分という人間がいかなるものか、書き出してみることからだなと思います。私自身、ブログではないものの毎日紙に自分の思うことを書き続けていた時期があったのでそこでだいぶ自分のことを掘り下げることができました。

最近始めたこのブログも役に立っています。文章を書くことは自分のことでありながらにして客観的に自身の感情と向き合うことができるので気持ちの安定にもつながります。

そして少しでも自分のある側面が見えてきたら、対処法を考えてみましょう。

いきなり「自分をこう変える!」と熱り立っても5分も保ちませんよ(笑)まずは冷静に状況を想像して「最悪のパターンを避ける」ことくらいから考えて実践してみましょう。

 

どうにもならない時は....

とはいえ、一瞬で頭が沸騰するようなイレギュラーな出来事は起きるものです。

それが人生というものですから(`・ω・´)ドヤッ

そんな時は我慢しない方がいいです、可能なら速攻で放出した方がいいと思います。

ですが私のような負の感情を溜め込む人に限ってそれが難しいと感じることがあります。じゃあどうしたらいいんでしょう?

 

結論、やっぱ解放するべきです!(笑)

ちゃんと言葉に、声にして解放することが大事だと思います。

僕がどうしても頭に血が上って耐えれなかった時は部屋を完全に締め切って、頭から布団を被ってから叫びました。

ちゃんと防音さえしてれば他の人の迷惑にはならないでしょう。それよりも溜め込むことで周囲の人に攻撃する方が後々後悔します。

そして少しでも冷静になれたら「信頼している人」に話を聞いてもらいましょう。僕はその時々によって変わりますが、所属している組織で信頼できる友に出会えたらラッキー。最悪でも母に話します。人は言葉にすることによってアウトプットとインプットを同時に行います。だから少しずつ、少しずつですが起きたことと自分の感情が整理されて落ち着きを取り戻すのです。会話は大事ですよ、引きこもりでも!(笑)

 

根本は自分を大事にすることから

つらつら自分の経験を書きましたが、やっぱり自分を大切にしないとどのこともできないと思います。私自身まだまだ自分を大事にしてないなと思いますが、人を好きになりたかったら、もしくは好かれたかったら自分自身を好きにならなきゃ始まりません!

僕も修行中なのでちゃんと自分を、人を愛せるようになりたいです。