向き不向き 得意不得意 好き嫌い

この度正式に今の派遣先を退職になりました(笑)

もう起きたことは仕方ないので割り切って頑張ろうと思います(これで転職6回目・泣)

 

やはり私は組織で働くのは向いていないなぁと痛感します。とはいえ、今年で社会人として働き始めて8年目。正直、組織に属することなく働くことにはかなりの不安を覚えます。

何か専門的な知識がある訳でもなく、突出した好きなものがある訳でもなく、今までの仕事で特別成果を挙げたこともない。ないない尽くしなのです。

どちらかといえば様々ある仕事を全て平均以上でさばくけど、特別得意なものは持たないような性格。なのでどの仕事もそつなくこなせる分、「これが売り!」と言えるものもないような感じなのです。「器用貧乏」と言えばそうなのかもしれませんが、こればっかりはどう思われてるかわからないのも辛いものです。

 

思えば学生の頃からそうでした。

テストで各教科で2〜3位くらいの点数を取り、合計点数では結果的に1位に食い込むか込まないか。もしくはテストでは3位くらいでも授業態度諸々の兼ね合いで通知表では1位を取ることも珍しくはありませんでした。

なので「突出したもの」の分野で上位にいるのではなく、平均的にこなして「結果的に合計では」上位にいるのが私でした。

 

学生時代はそれでもよかったのですが、いざ社会人になるとやはり「突出したもの」を持つ人には絶対敵わないし逆に私のようなタイプはものすごく苦労することを実感しています。今まである程度仕事をさばけていたのは単純に仕事が好きだったからに他なりません。

 

仕事は基本的に成果が目に見えてわかるので、それをいかに効果的で効率的にやるか?

それを突き詰めていくとやればやるほどに楽しくなっていきます。

そしてそれは僕が僕自身を認め、自信を持ってやれる唯一のものです。

 

とは言え好きであるからこそこだわりが出て社内で揉めた挙句にこのザマなのですが(笑)

 

まぁ何にしても仕事は楽しくも難しい、人間社会では労働による収入を得ないと生きていけないのですからさらに複雑奇怪です。

私自身まだまだ先が見えない中、社会を生きていくことになりそうですが、もう一度気合を入れて頑張っていきたいと思います。