アーツパの新たなる主軸 アナスタシアの運用実例

「永久凍土帝国アナスタシア 獣国の皇女アナスタシア」開幕!

ついにFGO第二部が始まりましたね。これまでは復刻イベント続きで放置気味だった方も多かったのではないでしょうか。

「アナスタシア」が配信されて数日ですが「カドアナ」や「パツグダ」などツイッターでは話題にこと欠きませんね(笑)

 

ではでは本題。今回実装されたサーヴァント、アナスタシアのご紹介。

f:id:aruzon:20180408104538p:plain

HP型の性能ですが、マーリンや諸葛孔明などと同じステータス値となっています。

 

f:id:aruzon:20180408105349p:plain

スキル構成としては自己バフ、全体バフ&デバフ、自己バフ(スキル10でNP50%獲得)&単体デバフと非常に高性能なものが揃っています。スキル1は1ターンのみとなっているので宝具発動に合わせるのが基本。スキル2と3はいつ使っても腐らないので積極的に使っていきましょう。

ただスキル3のみCTが長いので注意。

 

f:id:aruzon:20180408105355p:plain

クラススキルはこちら。陣地作成EXのおかげで非常にNP効率が高く、宝具の連発が容易に可能です。最近ではデバフを撒いてくるエネミーが増えているので妖精契約Aはありがたいところ。

 

f:id:aruzon:20180408105401p:plain

宝具は全体アーツ宝具となっており、オーバーチャージによる効果増は防御力ダウンです。味方の宝具発動によって何番目チェーンに置くか選べるのが特徴でしょうか。

希少なスキル封印付与があるのもポイントでしょう。

 

f:id:aruzon:20180408105406p:plain

コマンドカードは典型的なキャスター型。宝具もアーツなので合計4枚のアーツカードを持っています。積極的にアーツチェインを狙い、宝具をバンバン撃っていくのが吉。

全体的にコマンドカードの性能は高いです。

 

守りに関わるスキルや宝具は持ち合わせていない攻撃型のサポートアタッカーと言える性能でしょう。既にマーリンや玉藻の前、BBなどサポートに適したサーヴァントは多数実装済みなので、守りにおいては特に心配はないでしょう。

どちらかといえば宝具が全体宝具であるため瞬間火力は低め。オケアノスのキャスターや玄奘三蔵など単体宝具持ちのメインアタッカーを入れてパーティー全体の火力を上げると良いでしょう。

 

 

それでは実戦です。

f:id:aruzon:20180408105408p:plain

まずは高難易度向きのアーツパーティーから。

ジャンヌダルクとアンデルセンの「ジャンデルセンシステム」は以前から非常に強力な耐久パーティーの代表格ですが、アナスタシアが入ることによって盤石な構成となります。アナスタシアには「聖夜の晩餐」を付け、攻撃力を底上げしています。

 

f:id:aruzon:20180408105513p:plain

限定礼装の中でも非常に高性能な礼装ですね。宝具とクリティカル威力を上げることでアタッカーとしての性能は飛躍的にアップします。

 

f:id:aruzon:20180408105420p:plain

宝具1、バフ無しの宝具火力がこちら。有利クラス相手で3万弱ほどです。

昨今のフリークエストのエネミーであれば撃ち漏らしも多少出てきますが、種火周回程度なら十分な火力です。

 

f:id:aruzon:20180408105425p:plain

こちらは自己スキル3種+アンデルセン宝具によるバフを付与した状態での宝具火力。

有利クラスで4万6千まで一気に跳ね上がります。もちろん瞬間火力としては高くありませんが、アーツパの真骨頂である宝具回転力で圧倒することができます。

アンデルセンのポジションを玉藻の前に変えることで宝具とスキルによる更なるサポートが可能になりますし、ジャンヌダルクはマシュと入れ替えることも可能。

応用が利くパーティー構成です。

 

f:id:aruzon:20180408105430p:plain

次は攻撃型のパーティー。単体宝具持ちで非常に宝具回転力の高いメディア、全体宝具と強力な全体バフを3種もつキャスターギルガメッシュとの組み合わせです。

概念礼装はこちらも限定の「ダイブ・トゥ・ブルー」を付けいています。

 

f:id:aruzon:20180408105447p:plain

 

このパーティーは全体回復などが無い分攻撃に寄せたパーティーとなっているので、宝具を交えたアーツチェインを積極的に狙い、一気に敵を殲滅する立ち回りになります。

 

f:id:aruzon:20180408105436p:plain

f:id:aruzon:20180408105442p:plain

アナスタシアの自己バフ+ギルガメッシュのスキル・宝具デバフにより有利クラス相手に7万弱のダメージ。アナスタシアの宝具火力にはかなりの伸び代があるなと感じさせてくれますね。(余談ですが直後に放ったメディアの宝具で7万ダメージを超えました。バフとデバフによる効果は非常に大きいです)

 

メディアの代わりに玄奘三蔵やオケアノスのキャスターを入れればより火力は増しますし、キャスターギルガメッシュは諸葛孔明と入れ替えることで宝具回転力と耐久力が増します。バーサーカークラスのサーヴァントを入れて火力を上げることも可能ではありますが、アーツ寄りのサーヴァントの方が相性が良いので、他クラスであればアビゲイルやBBなどの方が安定性が増すでしょう。

 

概念礼装の候補としてはアーツアップやNP系のものであれば何であれ噛み合います。

下記の礼装は限定のものや高レアなものばかりですが、低レアでも応用が利くものとなっています。

f:id:aruzon:20180408105519p:plain

・初期NPの補助と宝具回転力をさらに増す礼装。宝具をガンガン撃つなら最適解。

(低レアであれば宝石剣ゼルレッチなど)

 

f:id:aruzon:20180408105533p:plain

・初期NPこそ無いがアーツ性能とNP獲得量の両方を上げることができる。

 

f:id:aruzon:20180408105527p:plain

他、投影魔術など様々応用可能。

 

総評として、アーツパーティーの火力をグッと上げるサポートアタッカーと言えます。

とても扱いやすいスキル・宝具なので運用も楽。対アサシンであればいつ連れて行っても大活躍してくれるでしょう。

 

ストーリーをクリアした方だといろんな感情があって使うのを避ける方もいるかもしれませんが(笑)非常に頼もしいサーヴァントです。

第二部はまだ始まったばかり。今後のエネミーや実装サーヴァントによってはもっと活躍の場が増えることも考えられるのでこれからが楽しみですね。

 

少しでも参考にして頂けたら幸いです。